TAGNUTS 3rd ALBUM "LOVING BEFORE LOSING" 2017.08.23 in Stores














ー1.FOR TONIGHT

メロディックなアルバムの一曲目といったらショートチューンですよね。
僕らのアルバムにおいてもお約束になってます。 (まずタグナッツの曲作りは、まちゃこが書いた歌詞を見てそこに俺がメロディーを付けるっていうチャットモンチースタイルなんですが)、この曲はまちゃこから歌詞をもらってすぐにコーラスパート以外は出来上がった記憶があります。コーラスの入れ方だけは中々納得いかなくて曲の尺の割にはかなり時間かけました。 基本的にどの曲も時間をかけてコーラス考えてます。ただハモってるだけじゃなくてメインのメロディーとコーラスがどう絡んでるか気にして聴いてくれたら嬉しいです。

ー 2.THINK BACK MYSELF

確か2ndアルバムの後最初に作ったのがこの曲でした。
今までで一番手が忙しい曲になってます。 Bメロの「よ〜くよ〜くよ〜く」とか「な〜のに〜のに〜のに〜」とかの言い回しが絶妙にダサくて良いですよね。これが新しいタグナッツっぽさなのかなって一人で勝手に心の中で思ってます。
目指せTHEダサかっこ良いバンド。 みんなでウォーオーオー言いたい曲です。

ー3.ACCORDANCE

前作でいうと”SUNSET GLOW”のような位置付けの曲だと思ってます。他の曲に比べるとポップさは控えめだけど名曲感あるぞみたいな。分かりやすく例えると、ハイスタでいう”THE SOUND OF SECRET MINDS”みたいな曲です。分かりますよね。 みんなでウォーオーオー言いたい曲です。

ー 4.SLEEPY AFTER MEALS

今回のアルバム唯一の既発曲。
2年前に自作のコンピに収録してMVまで作りました。
「たべたらねむいよ」という強烈なパンチラインをサビで連呼しているのもあり僕らの曲では一番印象に残りやすいのではないでしょうか。おかげで曲名を覚えている人は誰もいません。 この曲の歌詞をまちゃこが書いてきた時、まだタグナッツは全曲英語で歌っていて、確かその頃は俺が「どうせ英語に直すからどんな内容でもいいよ」とまちゃこに言っていた気がします。そしたらこんな攻めた歌詞を持ってきたもんだからおったまげ。そしてちょっと放置してる間に日本語で歌うスタイルに変わり、ふとこの歌詞を読んだら意外とすんなりメロディーが浮かんだのです。前述の「タグナッツっぽいダサかっこ良さ」の究極形が出来上がったと思いました。 いつかNHKまで届けばいいな。

ー 5.STRAIGHT FORWARD

タイトル通りストレートなメロディを意識して作ったような気がしないでもないです。ひたすらにシンプルなイメージ。 みんなでウォーオーオーオーオー言いたい曲です。

ー 6.WRITE OFF

「激しめなリフだけど歌が入ったらちゃんとポップなやつ」を作りたいと思って作りました。 が、一通り完成した後、リフが帯広REAL SHOCKS MATTERの曲とゲロ被りしてる事に気付き、リフだけ丸々作り直してようやく完成に至りました。 みんなでウォーオー言いたい曲です。

ー 7.GOOD EATER

"SLEEPY AFTER MEALS"の続編的な歌詞を書いてくれとまちゃこにお願いして出来た曲。”SLEEPY〜”とは打ってかわって疾走感のある食いしん坊ソングになりましたが、まちゃこは食べるスピードが遅いです。すごく。 間奏明けのコード進行がお気に入りで、サビにいったら知らないうちに半音上がってました〜みたいな。面白いですね。 みんなでエーエーエーエ言いたい曲です。

ー 8.TAKE OR LEAVE

すぐハモりたがる僕としては珍しく唯一サビまでコーラスが一切入らない曲。そしてサビになったら僕が2人出てきます。メンバーが足りないから仕方ないね。正式ドラム募集中です。

ー 9.CAT EYED MOON

普通はAメロBメロ、いってもCメロくらいですが、この曲はEメロまでいきました。自身最高記録だと思います。おしぇい! 途中で3つキーが上がります。うーん、やっぱり転調って気持ちが良いですね。で、今気付いたんですが前作のバラード曲も途中で3つキーが上がってました。更に、前にやってたバンドのバラード曲も途中で3つキーが上がってました。栗岡あるある、バラードで3つキー上げがち♪

ー 10.MY BEST LIFE

少し前にバンドマンがアイドルに楽曲提供するのが軽くブームになってて、僕もそんな願望がずっとあったんですけど、アイドルとの繋がりなんて一切ありません。(カウンターアクションのバイトでBiSとBiSHの照明やらせてもらったくらいです!) 繋がりが無いなら作っちゃおう。という事でよくライブに来るお客さん5人とバンドウーマン1人に参加してもらいアイドル風に歌ってもらいました。というか女の子が数人で歌うと勝手にアイドルっぽくなるもんなんですね。この曲を録ってみて思いましたけど、僕の作るメロディとアイドルの歌声、相性良いですよね!異論は認めません!!

ー 11.BEFORE LOSING

タイトルからも分かる通りアルバムのテーマ曲のような位置付けで元々は一曲目に収録する予定だったのですが、レコーディングしてるうちにやっぱりショートチューンな”FOR TONIGHT”を一曲目にしたくなって、改めて曲順を考えてみたら意外と最後が一番しっくりきた、っていう曲。 展開が目まぐるしくてドラマチックな感じです。サビから始まる感じも良いんですよね。サビから始まる曲って好きなのに中々自分で作れないんですよね。なんでなんだろ。



ー1.FOR TONIGHT

誰もが日々いいことばかりではない毎日を過ごしていると思うけど、ライブハウスに来て、いつものみんなでお酒を飲みながらライブを見る、その時くらいは笑っていてほしいと願いを込めた曲です。つらいことがあった日や泣きたくなるような日、どんな日だって私たちはいつでもライブハウスで待っているんだ!

ー 2.THINK BACK MYSELF

私自身も毎日嫌なことばかりだな、なんかツイてないなって思うときがよくあって、そういうときって絶対周囲の人や物のせいにしたりして、自分のことは棚にあげてたりする。後で冷静になって客観的に見てみると、実は周りのせいじゃなく自分のせいだったことに気づく。本当はいつも、身近なところに幸せがあるはずなのに、気づくことができないのは悲しいな、と思います。人間だからなかなか難しいけど、日々その幸せに気づきながら過ごしていけたらいいなと思い作った曲です。

ー3.ACCORDANCE

家族、恋人、友人といったいつも当たり前に身近にいてくれる存在が、いなくなってしまったら・・という曲です。毎日当たり前すぎて、自分のことしか考えていない瞬間がけっこうあるのではないかと思います。少なくとも自分自身そういうときがけっこうあります。誰だっていつでも死と隣り合わせで生きているのに、そんなことも忘れて過ごしていることにふと気づくことがあり、怖くなったりもします。タイミングはそれぞれ違うけどいつか(明日かもしれない・・)必ず別れがやってくることを心にとめておくことで、日々身近にいて支えてくれている人に素直に気持ちは伝えよう!奪うことばかりせず、たくさん愛を与えよう!そうすればきっと何かあっても後悔することはないのではないかという気持ちで書きました。

ー 4.SLEEPY AFTER MEALS

深い意味はなく、単純に人間の三大欲求のうちの2つに焦点を当てた、なんとも欲望にまみれた曲です。余談ですが、この曲を書いてしばらくしてから、この曲の存在の知らないうちの母が【たべたらねむい】はお母さんの専売特許だと言い出しました。血ですね。

ー 5.STRAIGHT FORWARD

大人になって、社会の汚いところもいろいろ見てきて、何かを悟って、期待しなくなって、なんとかうまいこと誤魔化しながら生きている・・・昔はどうだったっけなぁ〜といろいろ考えていた結果できた曲です。子どもの頃に戻ることはできないけど、大人になったって、子どもの頃みたいに、いつだって新鮮な気持ちでいたいんだ!子どもみたいに楽しみたいんだ!っていう気持ちを爆発させました。

ー 6.WRITE OFF

くだらない、どうでもいいことでもやもやするとき、ありますよね。私は蚤の心臓なので、いちいち小さなことも気にしてもやもやするときがあります。そんなときは忘れましょう、という曲です。ただ、忘れるんじゃなく、たぶんその嫌な出来事の中にも自分のためになる何かがあるはずなので、大事なことだけ心に刻んで、その他諸々どうでもいいことは忘れよう!というネガティブだけどポジティブな内容になっています。

ー 7.GOOD EATER

SLEEPY AFTER MEALSの続編、ということで作った曲です。食べて寝て、起きてもやっぱりおなかはすいている・・・食べてすぐ寝ると牛にはならないことは立証済みですが、やはり消化に良くないので、胃がある右側を下にして寝てね、という健康を気遣ったメッセージも込められています。

ー 8.TAKE OR LEAVE

毎日すれ違う見知らぬ人達。人ごみの中でぶつかってきたのに謝りもしない人。並んでいる列に平気で割り込んでくる人。赤の他人だし、どこの誰なのかも知らない。いい人かもしれないけど、悪い人かもしれない。普通の顔をして歩いていても、本当は死にたくなるほどつらいことがあったのかもしれない。少しだけその人が見ている世界を想像することで許せる瞬間があるのではないかと思い書いた曲です。きれいごとかもしれないけれど、自分の気持ちも少しだけ優しくなれる気がします。

ー 9.CAT EYED MOON

何をしても駄目でもやもやして、やる気が出ないとき、頑張れそうにないとき、何もできない自分が不甲斐なく、さらに駄目になるループって、みなさんにもあるんでしょうか。やる気がない自分も自分として愛そう、という曲です。いつも全力で頑張ることなんてできないですから、駄目なときは駄目なときで無理をしない。それでいい、と自分に言い聞かせるとともに、聞いてくれるみなさんの気持ちが少しだけでも軽くなって、楽になれば本望です。

ー 10.MY BEST LIFE

妥協しないで後悔のない生き方をしていこうという曲です。周りを気にして、自分の最善の道を外さないよう、ひとつひとつの選択も妥協せず進んでいきたい!たとえば明日死ぬかもしれないのに、今日の夜ご飯どうしよう、本当はカツカレーが食べたいけど、
面倒くさいしソーメンでいいか・・といったように、妥協することで、後悔してもしきれない結果がそこにはあると思います。だから日々自分のベストをチョイスしてくださいね!

ー 11.BEFORE LOSING

大人になってバンドを初めて、たくさんの大事な人たちに出会って、同時に仕事でも責任が増えてきて、いろいろ大事なものが増えすぎて、何を優先したらいいのか正直わからない時期がありました。結局いろいろ考えているうちに大事なもの全部少しずつ大事にしていこうと思えるようになって、バンドも歌うことも、バンドで出会ったみんなも大好きだから、会いに行けるときに会いに行こう!という結論に至りました。そんなときに書いた曲です。